大豆の胚芽

なぜイソフラボンが注目されるのか

大豆は「畑の肉」と呼ばれているくらい良質なたんぱく質がたくさん含まれている食材です。
この畑の肉の中に入っている栄養素の中にイソフラボンがあります。
このイソフラボンは骨粗しょう症の予防や更年期障害などに非常に効き目のあることが実証されています。

イソフラボンの主な予防できるものとしては、
「閉経後の女性のホルモン補充」
「更年期障害の予防と発病後のケアに」
「女性では乳がん、男性では前立腺がんの予防策に」
「動脈硬化の予防や高血圧を下げるために」
「女性ホルモンが減ってきてしまって不安定な方のために」
というような効果があります。

体内に摂取された後、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすることによって女性モルモンが減少してしまった女性の更年期障害の緩和や、高年齢でなりがちな骨粗しょう症の予防に効果が出ています。
このイソフラボンが、最近の研究では血管系の病気にも効果を発揮することが判り、生活習慣病の予防にも役立つことも判明しました。
これは、女性ホルモンが血管を柔らかくして血液の循環を助けているからだといわれています。
ですから、女性ホルモンが減少してしまう高齢の女性にとって、イソフラボンは血液の流れをよくする効果も併せ持っているということなのです。
更にはイソフラボンは悪玉コレステロールをやっつけてくれるという効果もあり、この悪玉コレステロールが引き起こしてしまうといわれている動脈硬化などにも有効なことが判っています。

このイソフラボンは、大豆製品から摂取することが可能ですし、もし大豆製品をなかなか口にする機会がないという方には、簡単にイソフラボンを摂取できるようにイソフラボンのサプリメントも販売されています。
現在ではコンビニなどでも手軽に購入することも可能なので、ぜひ摂取しておきたい成分です。
イソフラボンの効果的な摂り方はこちらにかいてありますので参考にしてください。

イソフラボンの摂取の仕方はhttp://www.yamamototei.jp/itinti.htmlにも書いてある通り1日約50mgが目安となります。
摂りすぎには十分ご注意ください。
食品でたとえると、きな粉20g程度、納豆1パック、お豆腐半丁位が適切でしょう。