大豆の胚芽

骨粗鬆症に効果があり

骨粗しょう症が起こる原因は女性が閉経した後に、女性ホルモンの中に含まれているエストロゲンが不足することにより起こることが多いです。
骨というのは、コラーゲンが骨を作る骨組みになっており、その上にカルシウムとミネラル(リン酸)が沈着して形成されるものです。
骨は人の体を支える柱としての役割のほかに、カルシウムを貯蔵するための大切な器官です。
体内の血液中のカルシウムが足りなくなったときには、その足りなくなったカルシウムをすぐに補給しなければなりません。
足りなくなったときには、骨の中に貯蔵されているカルシウムを血液中に溶かして体内の血液のカルシウムの濃度が常に一定に保たれるように、調節をする役割も担っています。

人間が年齢を重ねると骨がもろくなり、骨折をしやすくなります。
これは、骨の量が年齢を重ねるごとに減ってしまい、骨の組織の中にある微量な骨の構造が変化してしまい、そのために骨が弱ってくるのです。

そもそも骨粗鬆症が起こる原因としては、加齢による骨の組織の減少と、女性ホルモンの分泌が低下して起こります。
若年性骨粗しょう症というものもあり、これは妊娠により、胎児への栄養供給により母体のカルシウムがたりなくなったり、原因不明のものもありますが、それ以外に関しては老人性や、閉経後におこる骨粗しょう症の症状のことを、原発性骨粗しょう症と呼んでいます。

もう一つの骨粗鬆症は 続発性骨粗しょう症とよばれていて、これは、いろいろなほかの疾患が原因で起こるものや、胃切除などが原因の消化肝疾患、薬により抗けいれん薬やステロイド剤の投与による薬剤性骨粗しょう症など、続発性骨粗しょう症には色々な原因があります。

骨粗しょう症を予防するには、十分なカルシウムを摂取することと、ビタミンDを摂取することです。
カルシウムを多く含む食品の代表的なものといえば、大豆や乳製品、小魚、野菜などです。

高齢者に多い骨粗しょう症なのですが、高齢者がカルシウムを摂取していても腸管における吸収能力が低下しているため、カルシウムを吸収しやすくしてあげる必要性があります。
また、閉経後の女性は骨を形成することにほかに、骨を破壊されることを抑える必要性もあります。
閉経後の女性はカルシウムの摂取を十分に摂取したとしても、女性ホルモンの分泌量が少ないため、骨の量が減ってしまいます。
イソフラボンの効果には、骨からカルシウムが溶け出してしまう症状を抑える効果がありますので、イソフラボンを摂取するように心掛けることが大切です。