大豆の胚芽

乳がんにも効果が確認される

大豆パワーといわれているイソフラボンは乳がんにも有効であるという研究が発表されています。
大豆製品を豊富に摂取することによりガンの発生率が少なくなるということが、疫学的に証明されているのです。
このため、世界各国で現在では大豆の研究をされています。

イソフラボンは女性ホルモンと似たような動きをするということで知られており、別名「フィト・エストロゲン」と呼ばれています。

イソフラボンに含まれているフィト・エストロゲンは、働きとしては、エストロゲンが体内で増殖してしまった場合には、エストロゲンを抑える働きを、エストロゲンが体内に少なくなってしまった場合には、エストロゲンと同じような役割をしてくれるので、乳ガンなどの予防をすることが出来るのです。
予防としてイソフラボンを摂取すると乳がんのリスクが激減するということは研究により明らかになっています。

しかし、このイソフラボンには、足りない時には補い、増えてしまった時には抑えるという働きがあるため、摂取には注意しなくてはなりません。
予防の効果が期待できますが、実際に乳がんになってしまった後に摂取することが避けなければなりません。
これは、エストロゲン作用でのプラスとマイナスの面があるからなのです。

乳がんは、乳管(母乳が作られている管)の内側にある上皮細胞の中から発症します。
乳管はエストロゲンに刺激されることによって増殖したり減少したりするのです。
ですから、乳がんの発生にはこのエストロゲンが大きくかかわっていることがわかると思います。

乳がんの手術をした後などは、エストロゲンが減少していますので、大豆製品を大量に摂取するとイソフラボンがエストロゲンを増殖しようとする作用が働きます。
そうすると、せっかく手術をして取り除いたものをまた増殖させてしまう危険があるのです。
ですから、予防としての効果があるのですが、治療中には逆の作用をしてしまうこともありますので、十分に注意が必要な食材であるとも言われています。

自己判断をせず、予防としての利用にとどめるようにしていただくことをお勧めします。