大豆の胚芽

イソフラボンが含まれる物

イソブラホンは大豆に含まれています。
そんなイソフラボンがなぜ注目を集めているのか?その理由はこちらにあります。
イソブラホンというのは、女性ホルモンに似た作用があり、女性の身体に非常に色々な効果を表すものとして脚光を浴びています。
この似ているといわれている女性ホルモンは「エストロゲン」と呼ばれるもので、このエストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれており、女性にとって若々しさを保つ働きをしたり、女性の美しさを長く健康的に保つという働きの手助けをしてくれています。

この働きは年齢とともにエストロゲンの分泌量の減少に伴い、更年期を迎えるころになると女性に多い更年期障害と呼ばれる女性にはつらい症状が発症します。
この更年期障害を発生してしまうエストロゲンの減少を補ってくれることにより、トラブルのもとを予防してくれるのです。

イソフラボンの摂取の仕方ですが、イソフラボンは大豆に主に含まれており、大豆を使った製品にも、もちろん含まれています。
大豆製品以外のものでイソフラボンを含むものとして、
○レッドクローバー(ハーブの一種)
○プエラリア・ミリフィカ(マメ科の植物)
○ザクロ
○ライ麦
○亜麻の種子(北米でのクッキーなどの生地に使われるもの)
などにも含まれています。

日本では食材としてはあまりなじみのないものが多いことがうかがえます。
食事として体内に取り込むことが出来るものとしては、マメ科の植物(ソラマメや大豆など)が多いでしょう。

手軽に食事として摂取できるものとしては豆腐や納豆、きな粉やお味噌、油揚げ、大豆煮(あんこなど)、そして豆乳http://www.virid.us/tounyuuuhyakuhatijyuuu.htmlなどの大豆を使用した飲料など、外食ではなかなか摂取することが出来ない、和食の家庭料理に多く使われているような材料に含まれています。
和食中心の大豆をたくさん使った食卓で摂取することが可能なことはお分かりだと思います。

日本人が他国の人たちよりも若々しくみられるというのは、この辺の食生活にもあるのかもしれませんね。
いつまでも若々しくあるためにイソフラボンが多く含まれた食生活をすることがお勧めです。