大豆の胚芽

イソフラボンと女性ホルモン

イソフラボンには秘められたパワーがあります。
女性が高齢になると、どんどん体内で減少してしまう女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をする天然の成分です。

イソフラボンとはフラボノイド系のポリフェノールの一種です。
このイソフラボンを含む食品には、大豆が代表的なもので挙げることが出来ます。
女性ホルモンのエストロゲンは女性の身体にとってなくてはならない非常に大切な役割を担っています。
女性が健康な体を年齢を重ねた後も保つためには、掛買のない存在なのです。

女性の体内には生まれたときからこのエストロゲンがあるのですが、年を重ねるごとにこのエストロゲンは減少していきます。
このエストロゲンが減少することによって、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、様々な健康を害する症状が現れ始めます。
このエストロゲンは、更年期だけでなく、出産直後のお母さんの体内でも分泌量が減ってしまうのです。
ですから、出産直後のお母さんも注意する必要があるでしょう。

この大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンの作用を発揮することで、更年期におこりやすい更年期障害を改善したり、骨粗しょう症を予防したり、また改善するということで知られています。
また、エストロゲンの分泌量が増えすぎてしまった時には、イソフラボンが逆の作用を体内で施して、分泌量を抑える役割もしてくれるのです。
体内でのエストロゲンの量を敏感に察知し、足りない時には補い、多すぎるときには排除するという素晴らしい役割をしてくれます。

女性の中でも多いのは、女性疾患と呼ばれる病気ですが、この病気にもイソフラボンは威力を発揮します。
乳がんや子宮ガンなどは、特にその女性疾患の中でも女性ホルモンとの関係が強いので、エストロゲンの分泌量をイソフラボンによって調節してあげることで、予防することが可能なのです。

昔の食生活では十分な量を補うことが出来たイソフラボンですが、近年では洋食の方も増え、大豆を毎日摂取するという方が減少してきています。
毎日の食事に大豆を取り入れるようにすることで、イソフラボンを体内の取り込み、健康的な毎日を送るように心がけるといいでしょう。
また、体内へ摂取するほかにもイソフラボン配合の化粧品も数多く出ているようなのでそういったタイプを使用するのも良いかもしれませんね。