大豆の胚芽

男女別イソフラボンの作用

イソフラボンの作用は、男女によって異なってきます。
これは、イソフラボンに含まれている栄養が女性ホルモンに似た働きをするものなので、男性が摂取した場合と女性が摂取した場合では、作用が違ってくるのです。

女性の乳ガンにイソフラボンは効果的ですが、男性は乳がんにはなることはないので、効果はありません。
しかし、男性の場合には前立腺ガンというのがあり、この前立腺ガンにイソフラボンは有効だといわれています。
女性に前立腺はありませんので、女性には効果はないということになりますね。

更に更年期障害は女性だけの特有の病気ですから、男性には関係のないものだということがわかります。
発症者するのがほぼ男性であるといわれている痛風にも、イソフラボンは効果を発揮します。
ですから、毎日の食卓に大豆系の食品を摂取するように心がけることで、痛風の予防にもなるのです。

男性にとって女性ホルモンというのは、髪の毛を濃くするという作用もあります。
男性で薄毛で悩んでいる方の多くは、男性ホルモンが多く、女性ホルモンが少ない方なのです。
ですから、イソフラボンを摂取することによって、発毛や育毛を促すという効果も見られます。
男性の育毛剤のなかには、イソフラボンを含んでいるものもあります。

男性と女性では、このようにイソフラボンから得られる効果というのは全くと言っていいほど異なってきます。
イソフラボンというと、女性のためにあるようなイメージをもってしまいがちですが、このように男性にとっても有効な成分を含んでいるのが、このイソフラボンなのです。

男性は生まれたときに持っている女性ホルモン以上のものを体内で作り出すことが出来ないので、食生活から女性ホルモンに似た物質を体内に取り込むのが理想でしょう。
イソフラボンが男性に及ぼす効果についてこちらのサイトにもかいてあります。
ただし、イソフラボンはまとめて摂取できるものではなく、体内で余っていると判断されたイソフラボンは吸収されずに体外に排出されてしまうので、毎日決められた摂取量の範囲の中で続けて摂取するようにするのが理想的です。