大豆の胚芽

美容の味方イソフラボン

女性の身体が一番みずみずしく最高な状態の時が20代後半くらいまででしょうか。
30代中盤まで「まだまだ大丈夫」という方もいらっしゃるとは思いますが、そのあと少しずつみずみずしさが失われ、ハリもなくなり、シワがでてくる・・・。
これは、女性ホルモンは20代後半から少しづつ減り始め、40代のころになるとかなりの量の女性ホルモンエストロゲンが減少するからなのです。
更にはもっと年齢を重ねると、更にエストロゲンは減少し、閉経するころには更年期障害などを引き起こすことになってしまいます。
ほとんどの女性がエストロゲンの減少による更年期障害に悩まされているのが現実なのです。

更年期障害が出るころになってくると、粘膜なども委縮してきます。
更には年齢とともに肌から水分も失われ始め、肌がカサつくようになります。
カサついた肌の表面は傷つき、炎症を起こしやすくなってしまいます。
どんどん悪いほうへ悪いほうへと傾いて行ってしまうのです。
イソフラボンには、この粘膜の萎縮を抑える効果もあり、お肌の潤いを保つ効果も認められていることから、沢山の種類の化粧品などにも原材料として使用されています。
イソフラボンの美容と健康面での効果についてはこちらにもかかれていますので是非ご覧ください。

また、イソフラボンは摂取するというだけでなく、肌に直接塗ることでも、効果が上がるといわれています。
これは、肌の保湿作用を助けることで、お肌の角質の水分を減少させないように保ってくれるからなのです。
更にはイソフラボンにはコラーゲンやヒアルロン酸を新たに作り出す効力があることもわかっています。

食事としてイソフラボンを摂取し体内を若々しくみずみずしく保ち、そして外側からもお肌の水分を保ち、守る。
それがイソフラボンの効果なのです。
更には、体内で形成されてしまうメラニン生成に抑制効果を持つことも実験で判明されています。

イソフラボンは女性の強い味方なのです。
いつまでもみずみずしく美しく、そして少しでも若く見られたい、若くいられるのが願いな女性にとって、必要不可欠なのがこのイソフラボンなのです。