大豆の胚芽

イソフラボンとはどんな物?

イソフラボンという呼び方は何度か耳にしたこともあるのではないでしょうか。
しかしこのイソフラボンというのが一体何なのかを知っている方は少ないのではないでしょうか。
このイソフラボンについて少し理解を深めてみましょう。

イソフラボンとは、大豆の胚芽(大豆についている小さな豆みたいなところを指します)に特に多く含まれているもので、フラボノイドと呼ばれるものの一種です。
この部分に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするということで注目されています。
日本人は大豆を取る量が非常に多く、このイソフラボンに含まれている成分が大量なことから、日本人には長寿が多いことや、骨粗しょう症の発生率、乳がん等の発生率が低いのではないかと言われているほどなのです。
このイソフラボンは、大豆のほかには、クローバーや葛の根っこなどにも含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることで、女性ホルモンの欠乏を補ってくれる働きがあり、この時に女性ホルモンの分泌が過剰になった時には、その分泌量を抑える働きをしてくれます。
女性の乳がんの発症の引き金になってしまうといわれるこの女性ホルモンの過剰を抑えてくれる効果を発揮しますので、乳がん予防になるとも言われています。

更には、同じようなガンの症例で、前立腺ガンや子宮ガンなども、ホルモン依存型であるため、このホルモンのバランスを保ってくれているイソフラボンを摂取することで予防できるとも言われています。
イソフラボンには、その他 胃ガンや肺ガン、肝臓ガンや大腸がんなどの多くのガンに効き目があるのではないかと期待されているのです。
また、高齢の女性に多い更年期障害や美白、美容、肌の保湿効果や、生活習慣病と呼ばれている動脈硬化、骨粗しょう症などの骨の病気にも効果があるという実験結果が出ています。
大豆イソフラボンサプリメントを適量摂ることで、過剰摂取による副作用の心配なく最高の効果効能を得ることができることが解説されたサイトがありますので参考にしてください。
また、こちらは大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た効能があり、サプリメントで摂取するとどのような効果効能があるか解説されているサイトです。

現在ではアメリカなどでは、タフ額の資金を投じてイソフラボンに含まれている成分の抗がんの研究も活発になってきています。